忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

江戸川区と市川市で同時開催するビッグな花火大会。毎年、市川側の江戸川河川敷に前日の夜から場所とりをし、花火を存分に楽しむのが我が家の恒例行事になっています。これを見ずにして夏は乗り切れません!今年はオープニングの5秒間に、全10か所から約1000発の花火を一気に打ち上げるという、エキサイティングな大会の開幕となりました。もう出だしから気分が盛り上がってました。この花火大会は8つのテーマで構成され、テーマに併せたBGMで盛り上げる演出も、なかなかいいです。色鮮やかで動きのある様々な花火は夏の風物詩とも言えるでしょう。 
DSC07737.jpgDSC07739.jpg







DSC07748.jpgDSC07750.jpg







DSC07758.jpgDSC07769.jpg







DSC07771.jpgDSC07773.jpg







6時ぐらいからものすごい人で河川敷は埋まってました。1時間10分とあっという間に約14000発の花火を打ち上げ、フィナーレを迎えました。最後に残骸として残った花火の玉のかけら。飛んできたので、思い出として持ち帰りました。

 

PR
お友達が出産を控えているので、安産・子授けの神社で有名な「水天宮」にお参りに行ってきました。戌の日がいいということで訪れたのですが、大行列で妊婦さんや子連れが多く入るのに30分待ちでした。やっとのことでお参りを済ませ、お守りを手にし無事の出産をお祈りしてきました。
DSC07652.jpgDSC07654.jpg







DSC07657.jpg







お守りには出産が無事に済むように腹帯に入れる「御鈴緒」と、お産が楽になると言い伝えられている「護符」(神呪文字が書かれた紙えを水と一緒に飲むもの)が入っていました。これで安心な気持ちになりました。早くお友達の赤ちゃんに会いたいです!!
詳しくは→ 「水天宮」
新宿で相次ぐリニューアルオープン。全館を新たにリニューアルオープンした新宿高島屋。ファッション、グルメと見応えのあるお店と生まれかわりました。もちろん目的は食料品売り場。気になるのは、百貨店初のケーキのセレクトショップ「パティシェリア」。日本のスイーツ界を代表するシェフパテシェ11人のお店から、それぞれセレクトされた合計110種類のケーキから選べる。ケーキ好きのみならず誰でも楽しめる。選んでいるだけでも幸せな気分になります。ちなみに全店舗が集まるのは土曜日のみ。他にも「フォション」や「ペック」、「エピスリー・アルカン」も見る価値大。
DSC07265.jpgDSC07267.jpg







詳しくは→ 「新宿高島屋」

新宿伊勢丹も和菓子売り場に続き、洋菓子売り場が5月1日より、リフレッシュオープン。世界のスイーツファンを魅了する「アンリ・ルルー」や、美食の町リヨンから「セバスチャン・ブイエ」が新登場。パリで有名な日本人パティシェ「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」。こちらも見応えあります。
DSC07263.jpgDSC07260.jpg







DSC07255.jpgDSC07258.jpg







詳しくは→ 「新宿伊勢丹」
変わりゆく丸の内エリアに4月27日にオープンした「新丸ビル」。内装はクラシカルな感じで、洗練された大人の空間。フードブティックや、ファッション、コスメなど153店舗のお店が集結。気になるお店は、日本初出店のイタリアンのお店「イル カランドリーノ トウキョウ(「リストランテ レ カランドレ」のカジュアル店)」や、東京初出店の老舗ショコラティエ、「ショコラティエ パレ ド オール(リヨン・ベルナションのエスプリを受け継ぐシェフのお店)」、神戸北野より東京初出店「イグレックプリュス」、北海道江別市の東京初出店「町村農場」、フランス三ツ星シェフ、ピエール・ガニェールのカフェ「ピージーカフェパリ」などなどきりがありません。しかしながら、オープンの翌日、ゴールデンウィークの初日とあって、もの凄い混雑ぶりでした。残念ながら、レストランでランチをとることはできませんでしたので、また平日にでも行ってきます。
DSC07189.jpgDSC07190.jpg







DSC07208.jpgDSC07187.jpg







DSC07185.jpgDSC07216.jpg







DSC07202.jpgDSC07204.jpg







DSC07193.jpgDSC07209.jpg







DSC07210.jpgDSC07205.jpg







詳しくは→ 「新丸の内ビルディング」

二年前の1月にホテルニューオータニに5日間の期間限定出店した「レ・カランドレ」。この時食べた味に、凄い感動したので、またこれが、リーズナブルなお値段で食べられるのは嬉しいです。
u.jpgDSC02571.jpg







DSC02576.jpgDSC02578.jpg







DSC02579.jpgDSC02585.jpg







↑右写真のグラスはレ・カランドレのシェフ、マッシミリアーノ・アライモ氏がデザインしたというもの。お洒落なで、とても持ちやすい。これが今、新丸ビルのB1の「「イル カランドリーノ ショップ」で購入できる。
六本木防衛庁跡に、3月30日にオープンした今HOTな新スポット「東京ミッドタウン」に行ってきました。お目当てはもちろんスイーツ&レストラン。到着と同時に「トシ ヨロイヅカ」に直行。
DSC07102.jpgDSC07107.jpg







恵比寿のお店はいつも並んでた(現在は通常販売は無く、予約販売のみだそう)ので、開店と同時に行きました。お店には沢山のケーキや焼き菓子があり、鎧塚シェフ自らがカウンターに立ってデザートを提供するサロンドテもありました。
DSC07103.jpgDSC07104.jpg







今回購入したのはこれ↓
DSC07122.jpgDSC07135.jpg







ケーキは甘さ控えめで素材の味が薄く、インパクトに欠ける。もう一度お店に足を運びたくなるほどではないかな~。もしマカロンがあったらまた行くかな。ちなみに鎧塚シェフが「一度食べたら、忘れられない味」と自負するTOSHIスペシャリテアマンドは美味しい。

お次は「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」。丸の内のお店よりなんだか広い感じで、パンやキッシュの種類も豊富。ミッドタウン限定の大きなマカロンは魅力的。
DSC07115.jpga484cf0b.jpeg








DSC07119_160.jpgDSC07128.jpg










他にも芦屋生まれのシュークリーム専門店「芦屋タカトラ」や、ベルギーのコンフィチュールブランド「ベルベリー」や、ハリウッドのセレブの間で人気のアメリカ・ダラス発の最高級チョコレート「ノカ・チョコレート」を見てきました。
DSC07109.jpgDSC07111.jpg







DSC07120.jpgDSC07125.jpg







ランチはどこのレストランも長蛇の列だったので、世界中から美味しいものばかりを集めたセレクトショップ「ディーン&デルーカ」で軽めにデリでお食事。
DSC07126.jpg







↑「玉ねぎのロースト」と「ホワイトアスパラとズワイガニのサンドウィッチ」。驚きの美味しさでした!!

東京ミッドタウンは全体的にファッションやインテリア、フード全てが高級路線。ほとぼりがさめた頃にまた行きたいです。

詳しくは→ 「東京ミッドタウン」
桜の季節がやってまいりました。お買いものついでにいいお花見スポット。東京駅から、日本橋高島屋に向かう、その名も「さくら通り」。200メートル?ぐらい続く道には、桜のアーチがとても綺麗です。
DSC06983.jpg







近場で、手軽に温泉に行きたいと言う希望で、お母さんのお誕生日に両親と新浦安にある「湯巡り万華郷」に行ってきました。入口から入ると、レトロな感じで雰囲気がよく、内湯と水着で入れる天然温泉の露天風呂があるので、男女一緒に楽しめました。久々にリラックスできてよかったとお母さんも大満足でした。
DSC06800.jpgDSC06803.jpg








詳しくは→ 「湯巡り万華郷」

毎年恒例のスキー。今年は暖冬だったので、人工雪のある「ハンターマウンテン塩原」に泊りで行ってきました。実は競技スキーをやるので、常設ポールのあるゲレンデで滑ってきました。コースは中級者が楽しめるバラエティーに富んだスキー場でした。ちなみにポールコースは比較的簡単めなので、とてもいい練習になります。その後に浸かる「紀州鉄道那須塩原ホテル」の温泉は最高でした。

21edfd5e.jpeg

573c5884.jpeg

 

 

 

 

詳しくは→ 「ハンターマウンテン塩原」 

       「紀州鉄道那須塩原ホテル」

 那須塩原駅で珍しいお土産を購入。その名も「ゆばこんにゃく」。こんにゃくに豆乳を練り込み、ゆば風に仕上げたもの。なめらかな触感で胡麻豆腐のようでした。わさび醤油で食べると美味しいです。

DSC06581.jpg

DSC06662.jpg

 

 

 

 

詳しくは→ 「那須アイサービス」

   TEL 0287-84-3986

昔、教科書で見たエッシャーの版画を駅の広告で見かけ、やっとBunkamuraザ・ミュージアムに行ってきました。版画とは思えない美しさと複雑な模様で、エッシャーの不思議な世界を堪能してきました。任天堂DSを使ったガイド説明や、CGアートに触れたりと遊び心がのある展覧会でした。

DSC06358_160.jpg

DSC06368.jpg

 

 

 

 

 

詳しくは→ スーパーエッシャー展

晴れの特異日、文化の日に、1泊でお友達と上高地&黒部峡谷に行ってきました。3連休ということで、道路も渋滞し上高地に着いたのはお昼過ぎ。でも晴天だったので、散策にはちょうどよかったです。上高地を代表する「大正池」や定番スポット「河童橋」などを3時間ほどのんびりと周ってきました。澄み切った梓川の流れと、雄大な穂高連峰の景色に感激し、自然を満喫してきました。

DSC06044.jpg

DSC06070.jpg

 

 

 

 

上高地を後にし、今晩お泊りする、標高1000メートルにある「飛騨ハイランドホテル」に向かいました。ホテルに着いたのも遅かったので、すぐに夕食をとりました。メニューは飛騨名物朴葉みそ牛肉焼きや、ヤマメの炭火焼などなどもりだくさん。お腹もいっぱいになり、ホテル自慢の天然温泉露天風呂につかり、就寝。

DSC06073.jpg

 

 

 

 

4日、朝食を早めにとり、ホテルを後にし、黒部に向かいました。途中 富山の薬で有名な「池田屋安兵衛商店」に寄り、江戸時代から「体に魂を呼び戻す妙薬」胃腸薬で人気の「反魂丹」を購入し、懐かしい「ケロリン」など色々な薬を見たり、昔の薬の作り方などを見学しました。なんだか元気になりそうな薬屋さんでした。

DSC06082.jpg

DSC06079.jpg

 

 

 

 

詳しくは→ 池田屋安兵衛商店

いよいよ楽しみにしていた「黒部峡谷のトロッコ電車」です。トロッコ電車の出発点の宇奈月駅に到着。駅は紅葉の見ごろの時期なのもあって、ものすごい混雑ぶりでした。今回はツアーを利用したので、切符も席も予約済みでスムーズに乗ることができました。日本一深いV字峡谷を見下ろし、周囲には大自然のパノラマが広がり、紅葉もなかなかの色付きで、素晴らしい眺めに感動しました。

DSC06098.jpg

DSC06094.jpg

 

 

 

 

DSC06092.jpg

DSC06095.jpg

 

 

 

 

今回の旅は 大自然にふれることができ、とても大満足で、心も身体もリフレッシュでき、楽しい2日間でした。

DSC06156.jpg

DSC06158.jpg

 

 

 

 

↑お土産で買った「庵梵丹(アンポンタン)」と「越中反魂丹」。庵梵丹は香ばしいクルミと富山の新大正米を使用していて、もちもちと私好みな食感でお薦め!!越中反魂丹は胃弱、飲み過ぎ、食欲不振の方にお薦めです。

「庵梵丹(アンポンタン)」は池田屋安兵衛商店の隣の「堤町まちの駅ビル」で購入できます。

忍者ブログ [PR]