忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[371] [367] [368] [365] [362] [364] [360] [382] [361] [372] [363]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月8日~13日まで開催されている日本橋高島屋の「美食の京都展」。今回の目当ては「いづう」の鯖姿寿司と「マガザン・デ・フレーズ」のマカロンです。
DSC02075.jpgDSC02058.jpg







いづうは天明元年の創業から二百余年の歴史のある京都の老舗。鯖寿司の鯖は日本海産の脂ののった真鯖、ご飯は滋賀県産の江州こめ(ごうしゅうまい)、昆布は北海道産の上質な真昆布など、吟味された素晴らしい素材を使用して作られている。又美味しさを保つ為に竹の皮で包まれてこだわりがうかがえる品です。
今回購入したのは鯖寿司と鯛寿司が各三巻セットになったもの(これで2520円とはいいお値段です)。絶妙な具合に〆られた真鯖は脂ののりもよく、肉厚。説明書に昆布を外して食べると書いてありましたが、これがまたうまい具合に昆布の風味が全体にいきわたっていて、ご飯の酢の利き具合最高。鯛寿司もまろやかで美味しいです。全てにおいて何も言うことのない素晴らしい逸品でした。巻かれた昆布もそのまま食べましたが、鯖に巻かれた方は懐かしい「酢昆布」で、鯛に巻かれたのは上品な酢の利き具合で甘みがありました。次回は京都のお店で食べてみたいです。
「マガザン・デ・フレーズ」のマカロンはマカロンマニアをご参照下さい。
詳しくは→ 「いづう」
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
マカロン
埼玉の東松山にある「ププリエ」というお店のマカロンをいただいたのですが、
とても美味しかったです。
とは言っても、今まで3回くらいしかマカロンを食べたことがないので、
レベルはわかりませんが・・・!
ちけりん 2008/10/29(Wed)21:41:31 編集
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]