忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

栃木へ伺う用事があったので、宇都宮周辺のマカロンを購入した後、夕食に宇都宮餃子を食べ歩くことにしました。調べてみると沢山のお店が…。その中で、宇都宮餃子ランキングに何度も紹介されている美味しそうなお店を4店舗にしぼって行くことにしました。
まずは地元NO1の人気店「めんめん」。
DSC06447.jpgDSC06451.jpg








白菜ベースのパリパリの羽付き餃子。?私好みの餃子ではなかったです。
次は宇都宮で老舗と言われている「正嗣(まさし)」
DSC06464_640.jpgDSC06476.jpg










こちらのお店は店舗で食べられる餃子が完売してしまった為、お土産用はあるとのことで、持ち帰って後日食べました。薄皮に包まれた野菜たっぷりの餃子はキャベツの甘みがありとても美味しかったです。
次は宇都宮ではお馴染「みんみん」。
DSC06454.jpgDSC06461.jpg








73e8dd32.jpegDSC06463.jpg







こちらも宇都宮で人気のお店だけあって30分待ちの看板が出た行列ができていていました。せっかく来たので、メニューにあった焼き、揚げ、水を全て注文しました。お味はどれもインパクトのない普通の餃子。揚げは最悪でした。寒い中並んだのにがっかり…。
最後に期待してお次は「びっくり餃子 中華トントン」
DSC06465.jpgDSC06469.jpg







1個の長さが約14㎝、重さが80gもあるとにかく大きな餃子。注文を受けてから焼くじゃんぼ餃子は、9割がキャベツで水分を絞らないで包んである為とってもジューシー。もっちりした皮にキャベツの甘みと肉がマッチし、にんにくとしょうがの風味もほどよい。さっぱりととても美味しい餃子でした。今回食べた中で私のNO1のお店でした。
まだまだ沢山ある宇都宮餃子。また機会があったら他のお店にチャレンジしたいです。
PR
頂き物の銀座、久兵衛の特選焼きのり。久兵衛が寿司に使用している特別な海苔だそうです。風味豊かな美味しい焼きのり。ご飯のお供に最高です。
DSC06608_640.jpg











ホテルニューオータニ幕張に12月4日~6日まで、南仏・ニースのフレンチレストラ「KEISUKEMATUSHIMA」が登場。開催期間中、松島啓介シェフも来日。2006年に日本人最年少でフランス・ミュシュランガイドで1つ星を獲得以来4年連続で星を獲得している実力派。モナコやカンヌをはじめ世界のセレブリティが集う人気のお店。以前TVで見て行きたかったお店なのでとても楽しみでした。
今回は千葉の厳選食材を使用した料理で、房総の新鮮な魚介類で作る濃厚な「ブイヤベース」や、わさびを効かせた同店のスペシャリテ、千葉県産八千代ビーフで作る「牛肉のミルフィーユ」が目的です。
DSC06088.jpg736ce1d0.jpeg







d982c215.jpegDSC06096.jpg







411c9441.jpegDSC06090.jpg







DSC06101.jpgDSC06108.jpg







DSC06112_640.jpg










海の幸の旨味が凝縮されたブイヤベースはクルトン(ルイユというニンニクと卵黄、オリーブオイルで作ったソース添え)を浸しながら食べ、ワサビがアクセントの牛肉のミルフィーユもお肉が柔らかく斬新な感じで、前菜からデザートまでどれも美味しくいただけました。
5月に松島シェフプロデュースのお店「Restaurant-I (レストラン アイ) 」が渋谷神宮前にできたそうなので、そちらにも訪れてみたいです。
詳しくは→ 「Restaurant-I (レストラン アイ) 」
幻の鮭「鮭児(ケイジ)」をいただきました。鮭児は11月上旬から中旬にかけて主に知床から網走付近でとれる脂ののった若いシロザケ で1万本に1匹~2匹の割合しか獲れない貴重な鮭だそう。脂がのっていて、全身トロ状態。
DSC05734.jpgDSC05736.jpg







DSC05737.jpg






本物の証「鮭児タグ」も付いていました。身は軟らかく、すごく脂がのっていて、とろっと口の中で甘くとろける感じ。マスやブリのようで、鮭臭さや雑味がなく、トロをも超える美味しさでした。今までの鮭の概念が崩れました。ちなみに藻塩がよく合いました。
詳しくは→ 「鮭児(ケイジ)」
今日は叶姉妹が常連だという麻布十番にある「リストランテ キオラ」でランチしてきました。お店は外観、内装と共にモダンでシンプルな感じ。お料理の内容はプリフィックスで、斬新かつ繊細でメリハリのあるコース。前菜もパスタもメインもデザートも全てにおいて満足のできる品々ばかりでした。とても美味しかったのでまた訪れたいです。
DSC04679.jpgDSC04682.jpg







DSC04683.jpgDSC04685.jpg







DSC04689.jpgDSC04691.jpg







DSC04692.jpgDSC04695.jpg







DSC04705.jpg







詳しくは→ 「リストランテ キオラ」
フジテレビ「ザ・ベストハウス123」で、ものスゴク美味しいソーセージベスト3で第1位に選ばれた神奈川県厚木市の厚木ハムの「粗挽きウインナー」。とても美味しそうだったので、即注文してみました。
DSC04610.jpgDSC04611.jpg







DSC04613.jpg







お味は素朴で雑味のない味わい。パリッとした食感でとても美味しいウインナーでした。
詳しくは→ 「厚木ハム」
千葉県内で名店と言われる大網駅にある「ラーメン みたけ」に行ってきました。
このお店のイチオシ逸品の「煮玉子ラーメン」と角煮の入った「特製ラーメン」を注文しました。
DSC04586.jpgDSC04584.jpg







DSC04585.jpg







地元九十九里産の煮干しを使用したあっさりとした和風醤油ベースで飽きのこないお味でした。とろとろした煮玉子がとても美味しかったです。男性には少々物足りないかもしれませんが、さっぱりラーメンが食べたくなったらお薦めです。
詳しくは→ 「ラーメン みたけ」
馬喰町にある最近人気の南インド料理 「ダクシン」に行ってきました。日本にあるほとんどのお店が北インド料理で、南インド料理は珍しいみたいです。ちなみに北インド料理はナンなどのパンが主食で、ノンベジ、ベジのミックス、バターや生クリームを使用し、南インド料理はご飯が主食で、ベジタリアン料理、バターは控えめでココナッツミルクを使用しそれぞれ好みが分かれます。
DSC04562.jpgDSC04556.jpg







お薦めの南インドプレートにして、ご飯とパドゥーラ、パパドの替わりにナンにしました。南インド料理はご飯が主食と知ってながら、大好きなナンにしてしまいました。カレーは本日のメニュで、今までに食べたことのない塩チキンカレーとオクラと豆のカレー、サンバル(豆カレー)でした。どれもサラリとしたとろみのないものでしたが、スパイスがきいて美味しいカレーでした。
DSC04560.jpgDSC04561.jpg







デザートにインドで代表的な「グラブジャムン」というものを注文しました。牛乳にクリームパウダー、小麦粉を入れ団子状にして揚げ、カルダモンの香りをつけた砂糖シロップに漬けこんだものらしいです。サバランに似た食感で、とても甘いスイーツでした。
詳しくは→ 「南インド料理 ダクシン」
富山の「ますのすし」で有名な源の「ぶりのすし」。ほんのり脂ののった酢〆がちょうどいいぶりと、歯ごたえの残るあっありとしたかぶらに昆布と人参の千切りが入った美味しい押し寿司です。
DSC04283.jpgDSC04281.jpg







詳しくは→ 「ぶりのすし」
義理の父お薦めの美味しい卵「紅孔雀」。押木養鶏場という茨城県の竜ヶ崎農場と千葉県の船橋農場で販売されているようです。
普通の卵より大きく、割ってみると黄身が双子!?白身がぷるんとして、色の濃い卵黄はこんもりと大きく、弾力がありました。
DSC04326.jpgDSC04329.jpg







ゆで卵にして食べてみると白身がふんわりと黄身が濃厚で甘みがあって美味しかったです。そのまま卵かけご飯も最高でした。
詳しくは→ 「押木養鶏場」 
忍者ブログ [PR]