忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あらゆる「きのこ」を美味しく食べさせてくれるというフレンチのお店「マッシュルーム」が恵比寿にあると聞き、本日行ってきました。もともと、きのこが大好きで秋がくるのを楽しみにしていました。今回は「きのこづくしのおまかせコース」にしてみました。
DSC02151.jpgDSC02153.jpg







DSC02159.jpgDSC02161.jpg







DSC02162.jpgDSC02165.jpg







DSC02166.jpgDSC02168.jpg







DSC02172.jpgDSC02177.jpg







DSC02179.jpgDSC02171.jpg







見たことも、食べたこともない天然きのこを約20種をあらゆるお料理にした「きのこコース」はアミューズからデザートまで本当にきのこづくしでとても満足のいくものでした。特にきのこのソテー、フォアグラのポワレ&半熟玉子黒トリュフソース、セップのアイスは美味しかったです。きのこの中で特に気に入ったのが、「ささくれひとよ茸」や「ほこり茸」、「あみ茸」、「くり茸」でした。ひとつずつ風味も味わいも違うきのこ達、新たなきのこを求め再度訪れたくなるお店でした。
詳しくは→ 「フレンチレストラン マッシュルーム」
PR
10月8日~13日まで開催されている日本橋高島屋の「美食の京都展」。今回の目当ては「いづう」の鯖姿寿司と「マガザン・デ・フレーズ」のマカロンです。
DSC02075.jpgDSC02058.jpg







いづうは天明元年の創業から二百余年の歴史のある京都の老舗。鯖寿司の鯖は日本海産の脂ののった真鯖、ご飯は滋賀県産の江州こめ(ごうしゅうまい)、昆布は北海道産の上質な真昆布など、吟味された素晴らしい素材を使用して作られている。又美味しさを保つ為に竹の皮で包まれてこだわりがうかがえる品です。
今回購入したのは鯖寿司と鯛寿司が各三巻セットになったもの(これで2520円とはいいお値段です)。絶妙な具合に〆られた真鯖は脂ののりもよく、肉厚。説明書に昆布を外して食べると書いてありましたが、これがまたうまい具合に昆布の風味が全体にいきわたっていて、ご飯の酢の利き具合最高。鯛寿司もまろやかで美味しいです。全てにおいて何も言うことのない素晴らしい逸品でした。巻かれた昆布もそのまま食べましたが、鯖に巻かれた方は懐かしい「酢昆布」で、鯛に巻かれたのは上品な酢の利き具合で甘みがありました。次回は京都のお店で食べてみたいです。
「マガザン・デ・フレーズ」のマカロンはマカロンマニアをご参照下さい。
詳しくは→ 「いづう」
松戸にあるインドカレー屋さん「印度亭」に行ってきました。ランチはビュッフェ形式で、カレー4種と、サラダ、タンドリーチキン、シークカバブ、ナン(プレーン、ゴマ、ガーリック)、イエローライス、チャイが全て食べ放題で、平日840円と格安。バリエーションも多く、ナンは焼きたてでもっちり、カレーも美味しく近くにあったら通っちゃうくらいお薦めです。
DSC00803.jpgDSC00801.jpg







詳しくは→ 「インド料理 印度亭」
今までに見たことも、食べたこともないトマトに出会えるお店ということで、青山にある「セレブ・デ・トマト」にランチしに行ってきました。思った以上に混雑していて、予約なしで行ったので、パスタランチのみでした。
食前のトマトジュースはコロボックルというトマトで作ったもので、とても甘みのある濃厚なジュースでした。前菜は7種類の不思議なトマトをシンプルにオリーブオイルと塩で和えたサラダ(中でもオレンジパッションというトマトが一番好みでした)。パスタはトマトソースとツナのパスタ。デザートは桃太郎トマトを使用した白ワインゼリー。全てトマトの入ったもので、トマトの魅力を存分に堪能できるものでした。トマトのあまりの美味しさに感動しデザートやトマトジュースなども買ってしまいました。
DSC00717.jpgDSC00693.jpg







DSC00695.jpgDSC00696.jpg







DSC00697.jpgDSC00699.jpg







DSC00705.jpgDSC00720.jpg







DSC00703.jpgDSC00707.jpg







お土産で買ったトマトティラミスやトマトジュース。
トマトジュースの「太陽の王様サンチェリー」はとろりとした口当たりでトマトとは思えないほどの甘みがあり、今までに飲んだことのないトマトジュースの常識を超える感動の味わいでした。
詳しくは→ 「セレブ・デ・トマト」
おじいちゃんの住む九十九里で、昔よく食べた巻貝の一種「ながらみ」。昔はよく採れていたみたいですが、今はハマグリ同様、高価で入手が困難みたです。今が旬で送ってもらったので、茹でて、生姜醤油と七味でいただきました。
DSC01884.jpgDSC01885.jpg







詳しくは→ 「ながらみ」(別名:ダンベイキサゴ)
最近インドカレーにはまっている私。千葉県で三本の指に入るという「インド料理 デュワン幕張店」に行ってきました。
DSC00554.jpgDSC00557.jpg







ランチはカレー6種類の中から2種類選べるコースにしました。頼んだのはキーママタールとバターチキン。それにナンとサラダ、飲み物が付きます。カレーはとてもスパイシーで、丁寧に作られている感じです。ほんのりとパクチー?が香るのは苦手な私にとって難点でした。。ナンは今まで見た事のない丸型で、もっちりしていて私好みです。次回はパクチー抜きで、お薦めなスパイシーチキンを食べてみたいです。
詳しくは→ 「インド料理 デュワン」
美味しいパスタを食べさせてくれるお店があると聞き、四谷三丁目にある「エノテカノリーオ」に行ってきました。お店は隠れ家的な住宅街の中にある一軒家。中に入ると堅苦しくなく、アツトホームな感じでした。今回はランチで前菜とパスタ、メイン、ドルチェのコースにしました。ランチ、ディナー共にプリフィクスコースというのが嬉しいです。
DSC00491.jpgDSC00493.jpg







写真は二人でそれぞれ違うメニューを頼んだものです。左写真↓の前菜のルッコラはシェフの実家で栽培したものらしく、今までに食べたことのない、濃厚かつインパクトのあるものでした。トマトとドレッシングで和えただけのシンプルなものでしたが、素材を活かした素晴らしいものでした。DSC00496.jpgDSC00495.jpg








パスタはそれぞれ写真左↓はあさりとズッキーニのリングィーネのボッタルガ添え、写真右↓仔牛のトリッパと牛蒡のトマト煮込みペンネ。噂通りの美味しいパスタです!!
DSC00501.jpgDSC00499.jpg







メインは写真左↓シャモと季節の野菜オーブン焼き、写真右↓牛すね肉の赤ワイン煮込み。ボリューム感たっぷりでそれぞれ素材を全面に出した仕上がりでした。
DSC00503.jpgDSC00502.jpg







DSC00498.jpgDSC00511.jpg







ドルチェは写真左↓ナポリ風ババ、写真右↓生姜風味のカタラーナ。このカタラーナが驚き。凍らせた「クレーム・ブリュレ」になっていて、病みつきになってしまう味と食感でした。
DSC00507.jpgDSC00506.jpg







プリフィクスする時、スタッフの方の一品一品の料理の説明が、聞いているだけで料理が想像できてしまうくらいとても丁寧で、どれも美味しそうに表現してくださった心遣いがよかったです。またシェフ自ら帰り際にお土産のクッキーを手渡し見送りをしててくださいました。お店、シェフ、スタッフ、お料理全てにおいて素晴らしいものでした。何度でも訪れたくなるお薦めのお店でした。
詳しくは→ 「エノテカノリーオ」
あのインテリアショップのコンランがプロデュースするレストラン「ボタノカ」。フランス料理をベースにイタリアンのテイストを取り入れたモダンヨーロピアン料理のお店です。ガーデンテラスとインテリアがよく、優雅なひとときを過ごせました。
DSC00441.jpgDSC00442.jpg







DSC00443.jpgDSC00444.jpg







DSC00445.jpgDSC00446.jpg







詳しくは→ 「Botanica ボタニカ」
名古屋名物の一つ「味噌煮込みうどん」。「山本屋総本家」という名古屋でも有名と聞いたことがあるお店が、浅草にあるということで近くまで行ったのでランチに食べてきました。八丁味噌と白味噌のブレンドはまろやかで、アルデンテな感じのこしのあるうどんによく合い美味しかったです。お店を調べてみると「山本屋本店」とまぎらわしい名前のお店があり、名古屋ではこの2店が知名度が高く、お互いをライバル意識しているみたいなのです。是非、食べ比べしてみたいものです。
DSC00217.jpgDSC00211.jpg







DSC00213.jpgDSC00214.jpg







詳しくは→ 「山本屋総本家」  「山本屋本店」
美味しいイタリアンが食べたくて、今日は若手で注目されている斉藤智史シェフのお店「イル リストランテ ネッラ ペルゴラ」に行ってきました。かつてフレンチで修業されていたシェフだけあって、料理は繊細で見ただけでは味の想像ができない楽しいものでした。
DSC00164.jpgDSC00197.jpg







DSC00168.jpgDSC00171.jpg







DSC00175.jpgDSC00179.jpg







DSC00182.jpgDSC00191.jpg







詳しくは→ 「イル リストランテ ネッラ ペルゴラ」
忍者ブログ [PR]