忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弟と妹が誕生日と退院祝いを兼ねて食事に連れて行ってくれました。まだ本調子でない私を気遣い家まで弟が迎えにきてくれて、妹は私を驚かそうとレストランで両親を連れて席について待っていてくれました。久振りに家族5人でゆっくりと食事ができとても嬉しく、感動の一日でした。皆にとても感謝しています。ありがとう。
ということで招待されたレストランは気になっていた銀座の「アルマーニ/リストランテ」でした。表参道にあるレストラン「オフィチーナ ディ エンリコ」のエンリコ・デルフリンガー氏監修の本格イタリアンが楽しめるということで、ずっと行きたかったお店です。
今回いただいたのは「ゴルデンウィーク特別メニュー」です。
DSC00132.jpgDSC00134.jpg







DSC00135.jpgDSC00139.jpg







DSC00140.jpgDSC00141.jpg







DSC00142.jpgDSC00146.jpg







DSC00151.jpgDSC00154.jpg







素材を活かしたお料理はどれも繊細で、新鮮な感覚なものばかりでした。ボリュームもあり、大満足でした。
詳しくは→ 「アルマーニ/リストランテ」
PR
日本の三大珍味の一つ「からすみ」。日本のからすみと言えば歴史ある「高野屋」。添加物を一切使用せず、自然のままの風味を大事にし、丹念につくられている。今回そんな日本のからすみとイタリアのからすみの食べ比べをしてみました。
DSC08524.jpgDSC08523.jpg







DSC08525.jpg←上 イタリアのマンカのからすみ


←下 日本の高野屋のからすみ




結果は高野屋のからすみは卵のきめが粗く、塩気がきいている。磯の風味がし、キャビアのオシェトラのよう。マンカのからすみはきめが細かくねっとりとしていて、ウニのような味わい。味に深みがあり濃厚。高野屋も美味しいが、私的にはマンカの方が好きです。
詳しくは→ 「高野屋のからすみ」 「マンカのボッタルガ」
恵比寿ガーデンプレイスができた頃からずっと行きたかった憧れのお店「ジョエル・ロブション」。フランスのお城を思わせるエレガントな雰囲気。ミシュラン3ッ星を獲得しただけあって、お食事もサービスもとても素晴らしいものでした。今回はランチでしたが、ディナーに是非またいきたいです。
DSC08707.jpgDSC08656.jpg







DSC08658.jpgDSC08666.jpg







DSC08664.jpgDSC08670.jpg







DSC08673.jpgDSC08679.jpg







DSC08686.jpgDSC08693.jpg










詳しくは→ 「ジョエル・ロブション」
お誕生月の妹と弟のお祝いに、セルリアンタワー東急にある一ッ星レストラン「クーカーニョ」に行ってきました。東京湾岸が見渡せる40階にあるスタイリッシュなレストラン。料理は南仏プロヴァンス料理で、食べる人を楽しませてくれる素晴らしいものでした。お料理も美味しく、家族で久しぶりにゆったりとした時間を過ごすことができてとてもよかったです。ちなみに先日の三ツ星のお店より見た目、味、お値段とはるかに大満足でした。
DSC08566.jpgDSC08575.jpg







DSC08526.jpgDSC08527.jpg







DSC08529.jpgDSC08531.jpg







DSC08532.jpgDSC08537.jpg







DSC08541.jpgDSC08554.jpg







詳しくは→ 「レストラン クーカーニョ」


憧れだった銀座のフレンチレストラン「ロオジエ」のランチに行ってきました。予約した時は平日は比較的空いてると言われましたが、ミシュランの3ツ星を獲得した今は年内は予約いっぱいみたいです。コースは前菜、スープ、メイン2品、デザート、プチフールの「ルージュ」という一通り味わえるものにしました。
DSC08474.jpgDSC08509.jpg







DSC08478.jpgDSC08481.jpg







DSC08479.jpgDSC08483.jpg







DSC08484.jpgDSC08485.jpg







DSC08491.jpgDSC08494.jpg







DSC08499.jpgDSC08505.jpg







お味は正統派フレンチという感じで非常に美味しかったです。しかし私的にはもう少しサプライズが欲しかったかな。今度はディナーで訪れてみたいです。
詳しくは→ 「ロオジエ」

本日、東京駅に誕生したエキナカ商業施設「Gransta(グランスタ)」に行って参りました。オープン初日とあって大賑わいで、何処も彼処も行列ができていました。東京名物の手土産から日常を華やかにする上質なアイテムなど、お洒落な食のショッピングが楽しめます。ここが東京駅というのを忘れ、デパ地下を思わせる優雅なエキナカです。
DSC08334.jpgDSC08336.jpg







DSC08337.jpgDSC08342.jpg







DSC08343.jpgDSC08345.jpg







DSC08347.jpgDSC08359.jpg







DSC08354.jpgDSC08356.jpg







DSC08350.jpgDSC08364.jpg







食のセレクトショップ「ディーン&デルーカ」、カップケーキ「フェアリーケーキ」、かりんとう専門店「日本橋錦豊琳」、ブタマン「毬毬」、ショコラティエ「ピエール マルコリーニ」、ブーランジェリー「ブルディガラ エクスプレス」、リゾットレストラン「リーゾ カノビエッタ」、「ビオオーガニック」、ケーキの専門店「バスサーチ」、飲む酢「ノムスエキスプレス東京」、などなど沢山のショップがあり、帰り道が楽しくなります。その中から気になった「テラ・セゾン」で大好きなポルボローネ「ほろほろり」を購入しました。白餡を包んだポルボローネは色々なフレーバーがあり、新感覚のポルボローネで、美味しかったです。それぞれのお店を制覇していきたいです。
ちなみに「ブルディガラ エクスプレス」と「ディーン&デルーカ(サダハル・アオキ)」でマカロンの取扱がありました。
詳しくは→ 「Gransta(グランスタ)」


美味しいと噂のインドカレーのお店があるというので行ってきました。ランチはチキン・マトン・卵・バタークリーム・日替わりカレーの中から2つ選び、ナン、ライス、サラダ、ヨーグルトが付いて1050円とボリュームと値段が魅力的。注文したのは本日のカレー「きのことベーコン」と「チキン」。チキンはクローブの風味がとても強くスパイシー。本格的な味わいのインドカレーでした。いつ行っても混んでいるみたいで、カレーが無くなり次第終了ということ。早めに行くのがお薦めです。聞くところによると「バタークリーム」が最高らしいので次回是非食べてみたいです。
DSC08182.jpgDSC08187.jpg







詳しくは→ 「インド料理 サールナート」
弟が沖縄に行って買ってきてくれたお土産「ミミガージャキー」。豚耳皮を乾燥させて醤油などで味付けしたもの。コリコリと歯ごたえがあって、止められない、止まらないミミガーでした。とても美味しかったです!!
DSC08232_640.jpg










私の大好きなお豆腐屋さん、「三之助豆腐」。その中でも一番お薦めなのが「只管豆腐」。大豆の甘みとコクが素晴らしいほどに主張された極上豆腐。なめらかで、とろける様な舌ざわりは職人のこだわりがうかがえる。一度たべたら病みつきになります。他にも豆乳入り寄せ豆腐「たまゆら」や曜日限定の「奥州青豆」、季節限定の「ざる豆腐」など、どれも大豆やにがりなど素材にこだわった美味しいものばかりです。
DSC08207.jpgDSC08031.jpg







DSC08033.jpg







詳しくは→ 「三之助豆腐」

これまで美味しい味を求めて、色々なお店を食べ歩いてきました。ところがある日、料理をただ味わうのではなく、楽しめるエンターテイメントとして、提供しているお店があると聞き、本日伺ってきました。
そのお店は「タパス モラキュラーバー」。日本橋にあるマンダリン オリエンタルホテル 38階のラウンジで一日2回各7名限定のカウンターでの新しいダイニングです。
DSC07995.jpgDSC07994.jpg







DSC07901.jpgDSC07903.jpg







DSC07910.jpgDSC07916.jpg







DSC07927.jpgDSC07928.jpg







DSC07940.jpgDSC07945.jpg







DSC07960.jpgDSC07969.jpg







DSC07974.jpgDSC07980.jpg







DSC07982.jpgDSC07984.jpg







DSC07988.jpgDSC07997.jpg







食材にあらゆる手法を使い、普段目にすることのない驚きの料理に仕上げるシェフはまるでマジシャンのようで、味わい、食感、香りと五感を刺激する素晴らしいものでした。生ビールにヤクルトの泡を加えた食前酒に始まり、オリーブのジュースをレシチンで泡立て鼻から抜ける香りを感じさせたり、トムヤンクンを新しいスタイルで棒状に提供したり、注射器に蕎麦粉を入れ食感を楽しませたり、ニンジンジュースでキャビアのような食感を味わせたり、、味噌汁の新しいスタイルを提供するなど、液体窒素や高圧ガス、塩化カルシウム+アルギンサンナトリウムなど新たな料理方で私たちを楽しませてくれました。デザートには酸味や苦味を全て甘みに変えてしまうミラクルフルーツという不思議なフルーツを食べました。その結果、レモンやライムがとても甘いフルーツに様変わり!!この効果は2時間続くというこで、帰りにチュウハイと梅干しを試したら、いつもと違う別の甘い食べ物になってしまいました。今までにない新しいスタイルの料理でこれだけ楽しませてくれるディナーは初めてです。料理の概念をくつがえし、新鮮な世界を堪能してきました。
4ヵ月ごとにメニューの内容がかわるそうなので、是非また伺いたいと思います。
詳しくは→ 「タパスモラキュラーバー」
 

忍者ブログ [PR]