忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[550] [555] [546] [552] [548] [544] [553] [542] [543] [541] [549]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柏餅の季節がやってきました。毎年、4月下旬ぐらいから5月5日のこどもの日までと販売期間が短いので、この時期だけは柏餅の消費が多くなります。こしあん、粒あん、味噌餡とバリエーションはありますが、私は特に味噌餡がたまらなく好きなのです。白あんより味噌が多めで甘めなのが好きなのですが、これもお店によって違うので、食べ比べするのが楽しいです。
浅草 梅園 ★★★
DSC07141.jpgDSC07142.jpg







お餅はもっちりこしがある。白あんと白みそが半々という感じ。私好み。
塩野 ★★★★ 1個320円
DSC07225.jpgDSC07228.jpg







お餅は固めでこしがあり、米粉の風味がいい。小豆はあっさりと甘さ控えめでなめらか。とても上品なお味。味噌餡は味噌が強めで私好みな最高なお味。
とらや ★★★★ 1個270円
8a72915e.jpegDSC07232.jpg







お餅はもっちりとやわらかめ。こしあんは小豆の風味がしっかりで美味しい。味噌餡は高級な白小豆(ほとんどのお店は手亡豆(インゲン豆)を使用している)を使用していてこちらもしっかりと豆の味わいが出ている。白味噌はほんのりだけど上品で美味しい。
銀座 鹿乃子 
★★ 1個210円
DSC07237.jpgDSC07238.jpg







柏の葉の風味とても香り新鮮な感じ。お餅はペトペトと手にくっつくやわらかさ。小豆も味噌も甘さ控えめ。味噌餡は味噌が薄め。もちと餡子の一体感が欲しい感じ。
富留屋古賀音庵 ★★+ 1個189円
DSC07233.jpgc9cb00ab.jpeg







お餅はやや固めで重い感じ。庶民的な小豆。味噌餡は甘めで味噌が濃い。やや物足りなが意外と好みな感じ。
市川 島村  ★★★ 1個160円
1f8198aa.jpegDSC07241.jpg







お餅はもっちりとこしがある。小豆はしっかりとした味わい。味噌餡の味噌はやや強めで好みな感じ。
⑦伊勢屋(実家の近所にある子供の頃よく食べていた馴染の店) ★★★
1e7d7d4c.jpegDSC07243.jpg







お餅はもちもちとこしがある。味噌は強く甘めで、こちらの味に慣れているのか庶民的な味わいが私好み。
今年は銀座三越で開催されていた恒例企画「柏餅街道」や、日本橋高島屋の和菓子売り場の柏餅MAPなどを参考に柏餅を購入しました。まだまだ味わっていないお店が沢山あるので毎年食べ比べが楽しみになりました。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
七味屋さんのマカロン!
マカロンマニアさん!
こんばんは☆

初めてコメントします。
マカロンマニアさんのHPを楽しみにいつも拝見させて頂いております。
ところで、長野の善光寺の門前町(大門と言うところ)に、長野の誇る七味の名店の本店(八幡屋磯五郎)があるのですが、
そこで毎日(だったかな?)朝10時くらいからお一人様限定2箱で、
七味や生姜、ゴマ、ゆずなど、7種類がセットになった和風マカロンが売られております。
ネットでは販売してないので、直に行くしか手に入らないため、
私も2月に言って参りました。
長野にお越しの際は是非とも立ち寄ってみてください!

みじんこ 2010/05/03(Mon)22:19:26 編集
八幡屋磯五郎
>みじんこさん
「八幡屋磯五郎」の七味マカロン、今までにない感じの物でとてもきになりますね!!善光寺は8年前の御開帳の時に行ったきりで、また訪れたくなりました。貴重な情報をありがとうございました。お取り寄せができると嬉しいなぁ~。
マカロンマニア 2010/05/04(Tue)09:18:17 編集
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]