忍者ブログ
マカロンを追い求める日々の中で、グッときた出来事たち
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/16 マカロンマニア]
[11/16 あおい]
[10/18 マカロン弟]
[10/05 みーや]
[03/18 みん]
プロフィール
HN:
マカロンマニア
性別:
女性
職業:
マカロンマニア
趣味:
食べること
自己紹介:
マカロンを追いもとめて日々努力しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

羊の乳から作られた塩水に漬けたさっぱりとしたチーズ。日がたつにつれて塩気が強くなったら、水か牛乳で塩気を抜くと食べやすくなる。ぽろぽろとしたカッテージチーズのような食感なので、果物と一緒に食べるのがお薦め。オリーブオイル漬けにしてサラダにしてもいい。
DSC08847.jpgDSC08849.jpg







PR
北欧ノルウェーの朝食には欠かせないチーズ。甘み(ハチミツなど)を加えるとまるでキャラメルを食べているかのように濃厚なチーズ。山羊乳を使用しているので、あとからややクセのある風味が漂う。
DSC00276.jpgDSC00267.jpg







13世紀の半ばに修道僧たちによって作られたチーズ。独特なアロマと辛味がある。
DSC08840.jpgDSC08842.jpg







ふんわりとした真白なカビで包まれたバターのような滑らかな口当たりのチーズ。とてもクリーミーでとろけるような食感。コクと塩気がちょうどいい感じ。熟成すると酸味が抜け、まろやかになる。リンゴととても相性がいいので一緒に食べるのがお薦め。
DSC08514.jpgDSC08515.jpg







詳しくは→ 「サンタンドレ」
クリーミーでマイルドな青カビチーズ。ピリッと刺激的な風味だけれど、青カビにしては食べやすい。クルミやレーズン入りのライ麦パンと一緒に食べるのが好きかな~。
DSC00258.jpgDSC00259.jpg







イタリアペックのオリジナルチーズ「トルタ・アル・サルモーネ」。
クリームチーズをベーズにスコットランド産のサーモンを重ねた今までにない贅沢なもの。そのままでも、チャバッタにのせても、ソースにしてもとても豪華に見えてとても美味しいです。
DSC08462.jpg







フランス語で「神々のきまぐれ」と呼ばれる天使の絵が描かれたパッケージの白カビチーズ。バターのようにクリーミーで軟らかく濃厚な味わいクセがなく、とても食べやすい。
DSC08215.jpgDSC08216.jpg







ワインはライトボディー、フルティーな白、軽い赤ワインが合うそうです。
詳しくは→ 「カプリス・デ・デュー
表面がオレンジ色をしたウォッシュチーズ。口当たり軟らかく、ねっとりともっちりしている。ウォッシュ特有の臭いがあるけど、強過ぎずマイルド。ウォッシュの中ではクセが少なく食べやすい。少し熔かして食べてもも美味しいです。
DSC07885.jpgDSC07886.jpg







軽い赤ワインかフルーティーな赤ワインが合うみたいです。
オフホワイトのレアチーズケーキやヨーグルトのようなチーズ「ブリヤ・サヴァラン」。ブリヤ・サヴァランはフランスの法律家 (判事) で,有名な美食家の名前で、ここからきている。お味はやや酸味があるがあっさりとしている。食感は軟らかく、なめらかで、牛乳にクリームが加えてあるので、とてもクリーミー。はちみつやジャムをかけてたべると最高!!お酒はシャンパンやフルーティーな赤が合うそうです。
DSC08019.jpgDSC08020.jpg







我が家のお気に入りスモークチーズ。お酒のおつまみや、おやつに最適!!山桜のチップで燻製したスモークチーズでクセがなく、子供から大人まで喜んで食べられる逸品。500gと沢山入っているので食べ応えがあります。
DSC07331_160.jpg










詳しくは→ 「ロイヤル プチスモーク」
忍者ブログ [PR]